手取り20万は貯金・投資無理って意識を変えさせられた本を紹介

ひとりでもお金に困らない本の画像 節約
Non
Non

おひとりさま予定の方はマジで必読!

特にフリーターや非正規雇用で、「少ないお金で毎日何とか生活してます」という方に節約、投資、暮らしのアイデア、本業以外で稼ぐ、老後など、参考になりまくりなコンテンツしかない!

この記事では「ひとりでも一生お金に困らない本(日経ウーマン別冊)」を紹介します!

毎月、給料が少なくてあえいでいませんか。

わたしはぶっちゃけ、手取り月10万円で生活していたことがあります。

その頃から比べると今はかなりマシにはなりましたが、だからといって贅沢できている訳でもありません。

節約しつつ投資して、お金にお金を稼いでもらう方法を色々と考えていました。

そこで、出会ったのがこの本でした。

この本に出会ったおかげで、お金に対する意識が変わったのを感じています。

安月給を嘆く前に、この本を読んで「わたし、こんなにお金持ってたんだ!」という気づきを得ましょう!

「ひとりでも一生お金に困らない本」を買って良かった点

この本を買って大満足なので、その理由をご説明します。

貯蓄や投資への考え方の甘さを実感

わたしも少ない給料の中で何とか貯蓄・投資、してない訳じゃないんです。

が、この本では、手取り月収18万円一人暮らしで毎月5万円で現金生活していて貯蓄毎月7万円以上! なんて方も紹介されています。

自分が「給料が少なければ、貯蓄や投資にお金をかけられなくても仕方ないな」なんて甘い考えでいたことを実感しました。

皆さんきちんと節約されていますが、人によってお金をかけるポイントが違うのも面白かったです。

例えば、衣服代。

すべてプチプラ(ユニクロ、GU など)で済ませます、という人がいる一方で、高いブランドのものを買って何年も着る、型落ちした後はメルカリで売るという方もいらっしゃいました。

自分のお金をかけるポイントがどこなのかを考える、めちゃめちゃ良い機会になりました。

マジで一生おひとりさまに優しいコンテンツ

節約や投資なんかの雑誌を見ると、一人暮らしはもちろんですが、夫婦・子供も含めた家族4人のシュミレーションも出てきますよね。

こちとら相手もいないし結婚する予定もないので見ていて悲しくなってしまい、雑誌をそっ閉じして「もう二度と読まない……!」ぐらいの気持ちになってしまうことがあります(情緒不安定)。

この本ではそういう悲しい気持ちになることはありませんので、ご安心くださいませ。

マジで、おひとりさまの情報しかないです。

親の介護から、50代のおひとりさまの働き方、60代以降の年金の話まで。

本当に一生のお金の話なので、考えてなかった、もっと先のことを考えるようになりました。

部屋の間取り・収納術やメルカリで売るポイントも

一人暮らしの間取りや家賃、さらには収納術までカバーされているので、部屋の間取りや写真が好きな方は是非読んでほしいです。

めっちゃキレイにされているお部屋が載っているので、普段あまり感化されることが少ないわたしでも、こんな風にキレイな部屋で過ごしたいなぁと思いました。

部屋のインテリアや収納術は自分の部屋に取り入れたい部分がたくさんあります。

部屋で快適に過ごせるなら、近所のカフェでコーヒーを飲まなくても家でリラックスできるんですよね。

外でコーヒー飲むより、家で自分で入れたものを飲んだ方が絶対にお安く済みますしね。

また、メルカリで不用品売却する方法や自作アクサセリー販売などの本業以外でお金を得る項目もあります。

メルカリで売る方法があまりにも有益だったので、する予定はないですがもしやるならこの本に記載されている方法で売ろうと思いました。

「ひとりでも一生お金に困らない本」を買って良くなかった点

とても良い本でしたが、良くない点もありました。

ある程度の金融リテラシーは必要

例えば、つみたてNISA や iDeCo で貯蓄をしようとする場合、ネット銀行で口座開設が当然(手数料などの関係で)というのがネットで調べるとすぐ出てくるのですが、日経の雑誌だからかやはり非ネット銀行(対面の銀行)の紹介もあります。

という風に、「貯蓄や投資について右も左も何っっにも分かりません! 分かる気もなし! 分かりやすくゼロから教えてー!」というクレクレ体質の方は読むのは難しいかもしれません。

本を読んで、自分でもネットで情報を集めてから行動しようとする方なら大丈夫です。

あらゆる情報に対して、「それって本当?」と疑ってかかるのは当たり前のことですもんね。

まとめ:これはマジで買った方が良い

日経ウーマンさんの雑誌、特集って本当にわたしに刺さりまくるものばっかりで毎回買いたくなります。

この本は見つけて秒で買いました。

投資したいし節約もしたいと考えていたところだったので、他の方がどういう風にお金を使っているのか知ることができたのはものすごい収穫でした。

ためになりまくりのコンテンツなので、特におひとりさまご予定の方は読んでみてほしいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました