月経カップで生理の不快感が激減した話

月経カップの画像 女子力向上

いきなりで申し訳ないのですが、生理(月経)のときって憂鬱な気分になりますよね。

紙のナプキンを使っていたのですが、

・ふとしたときにドロッ! と経血が流れ出す感覚がある
・寝て起きたら下着・シーツが血で汚れている
・血の臭いがすることがある
・ナプキンで蒸れる

こんなんが毎月あって、あまりにもテンションが下がるので、どうにかできないもんかと思っていました。

色々検索してみて「月経カップ」という商品にたどり着き、月経カップが上記の不満を全部解消してくれてあんっまりにも最高だったのでご紹介します!

月経カップとは?

月経カップを手に持った画像

天然ゴムやシリコンでできたカップで、ナプキンやタンポンと同じ生理用品です。

生理の際に月経カップを膣内に入れ、数時間ごとにカップの中に溜まった経血を取り出すしくみです。

大体3,000円〜5,000円程度します。

月経カップのメリット

月経カップの良い点を他の生理用品と比較しながら、ご紹介します。

不意の経血ドロッ! がなくなる

紙ナプキンを使っていたとき、何かしてるときに経血がドロッとたれたのを感じるのって、不快だなぁとは思っていたんです。

紙ナプキンから血がもれて下着や服が汚れてないかな? としょっちゅう気にするのも凄くしんどいですしね。

月経カップは体内に入れたカップの中に経血がたまるので、血がたれることは基本的にありません。

月経カップを使って経血がたれるのがなくなるとこんなにも快適で、今まで不快なまま過ごしていたんだなぁと改めて実感しました。

寝て起きたら下着・シーツが血で汚れているのが解消

ぶっちゃけると、紙ナプキンを使っていたとき毎月最低1回は、下着かシーツかその両方を血で汚していました(笑えない)。

生理用の下着に変えたり、紙ナプキンの大きさを大きくしたり、色々試したのですがほぼ惨敗。

ところが月経カップを使いだしてからは、下着・シーツを汚すことはなくなりました。

下着やシーツについた血を手洗いしているとき、めちゃくちゃテンション下がるんですよね。

下着・シーツの洗濯がなくなって、めちゃめちゃ快適です。

血の臭いがすることがあったが解消

紙ナプキンを使っていたときは、生臭い、テンションが下がるしかない血の匂いがすることがありました。

自分が臭いを感じるということは、他の人にも気づかれているのではないかと物凄く不安になることもありました。

あの臭いは、血そのものの臭いではなく、経血が紙ナプキンについて酸化し、雑菌が繁殖すると発生するそうです1

月経カップを使うと、血の生臭い臭いを感じることはなくなりました。

カップにたまった血を捨てるときも、キツい臭いはしません。

ナプキンで蒸れることがあったが改善

紙ナプキンを使っていると、こまめに交換していたとしても蒸れたりかぶれたり、肌の負担が強かったです。

しかも生理が月1回絶対あるから、かぶれた部分がなかなか治らないんですよね……。

とにかく特に夏が最高に不愉快という。

月経カップに変えてからは、肌への負担が段違いに軽くなりました。

月経カップに関する Q & A

月経カップに関する疑問に答えてみました。

体の中に異物を入れてもいいの?

A:アメリカ・日本で認められているものを選ぼう!

そもそも多くの月経カップは医療用のシリコンや樹脂を利用しているので、体内に留めておいて問題が起こる可能性は低いです。

米国のFDA、日本の医療機器製造販売届出済みなどの一定の基準をクリアしているものを選べばOKです。

同じように体内に留めて使うタンポンでは、タンポンの成分が経血と反応して感染症を引き起こすトキシックショック症候群(TSS)という反応が起こることがあります。

しかし月経カップは長時間放置する以外、雑菌などが発生する要因が少ないので、トキシックショック症候群は起こりにくいと考えられています。

結論としては、危険度は低いので、使い方をきちんと守れば問題ないと思います。

体内に出し入れする・体内に入ってるときって痛い?

A:痛くないよ! 入れてるのも感じないぐらい自然!

最初は勝手が分からず痛みを感じる可能性はあるかもしれません。

ですが、出し入れの方法や体内に留めておく場所が分かるようになれば全く痛みはないです!

生理なのに不快さがなくて本当に快適になります!

血はもれないの?

A:正しく使っていれば、ほぼもれない!

体内で上手くカップが開ききっていなかったり正しい付け方になっていない場合はもれることもあります。

慣れてくれば100パーセントに近い数字になってくるとは思います。

わたしは保険として月経カップを使いながら、紙ナプキンの小さいのを常につけています。

紙ナプキンに血がつくことはありますが、下着にもれたことはないです。

月経カップ高いよね?

A:月経カップは最長10年使えるので、長い目で見るとめちゃめちゃ安いよ!

5,000円で購入したので、10年使用するとして単純計算すると1年500円、1ヶ月あたり41.67円。

紙ナプキンは(30cmの夜用1袋・20cmの昼用0.5袋と概算)300円+130円なので1ヶ月あたり430円。

月経カップと紙ナプキン併用しているので昼用1袋も計算に入れると41.67円+250円なので1ヶ月あたり291.67円。

経済的です。

手入れが大変?

A:使用時は水洗いかウェットティッシュで拭く、使用後使用前は煮沸消毒かレンジでチンなので簡単!

生理中、使っているときは水で洗うか、ウェットティッシュ・赤ちゃんのお尻拭きなどで拭くだけです。

水に流せるタイプの濡れたティッシュだと処理がより楽になります!

生理が終わったあと、生理が始まる前は、煮沸消毒(お鍋でカップを煮る感じ)か、水につけた状態でレンジで5分ぐらいチンするので消毒処理はOKです。

お鍋の底にカップをつけて変形などさせないように注意するぐらいで、難しいことはないです。

わたしは専用の容器を使ってレンチンしてます。

まとめ

手入れも大変じゃないし、節約にもなるし、生理にまつわる不愉快がほぼ解消するので、抵抗ない人は是非試してほしい!

脚注

  1. 生理用品のソフィを販売しているユニ・チャーム公式ホームページより
女子力向上 ボディケア
Nonをフォローする
記事を書いている人
Non
Non

Nonと申します。
アラサーいい歳の社会人です。
内気だったんですが、そろそろ内気とか言ってられない年齢になってきたので、アクティブになれるよう、このブログでは色々頑張っていこうと思っています。

詳しい自己紹介はこちら
問い合わせフォームはこちら

ライターなどのお仕事の依頼も問い合わせより承ります。

Nonをフォローする
アクティブになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました